なぜ農家、百姓になりたいの?

会社を辞めて農家になると言ったとき、誰しもが浴び続ける質問。
なぜなのか。 会社を辞めて他の会社に転職するというのであれば、その職場や職業の選択の理由はそれほど大きくは問われないだろう。

なぜ農家に、という質問の背後には
 なぜそんな肉体的に大変な職業に
 なぜそんな収入の少ない職業に
 なぜいままでの経験が生かされないような職業に
 なぜ今の安定した生活をすててまで
 
 その人のバックグラウンドによってどのポイントに重点があるのかは異なるけれど、最終的に行き着く先は収入に対する心配。

農家になりたいと思ったきっかけ
収入に対する答えは後回しにして、なぜ僕が農家になりたいと思ったのか。

 自然の中で生活したいから。 

こう言うと、そんな事ならば山の方に住んで会社に通えば良いじゃないと言われる。
僕もそう考えていたし、かなり近いところまで行ったのですよ。 土地を探し、家を探しと。
その課程で沸々とわいてくる疑問。 僕が手に入れたいのはいったい何なのだろう? ただ単に山の森の気に入った家の中で寝、起き、週末過ごす、それ以外は会社で過ごす、それが僕が思い描く自然の中での生活なのだろうかと。
 僕にはなんとなく分かっていた、それでは満足出来ないことを。なぜなら、僕は自然の中で生きて行きたいと思っているのだから。
自然に向き合いながら、語りながら生活していきたい。 奥さんにもそんな話をした。そのときの奥さんの言葉を正直忘れてしまったのだけれど、否定されず、むしろその方が良いんじゃない、と言ってもらった様に記憶している。
それが2,3年ほど前のこと。 進む道を農に求めるのにそれほど時間はかからなかった。本を読み、インターネットで検索し、農家を訪ね、知り合いの畑の手伝いをし、畑を借り、と。

どのような農業を志すか。  ちょっと文章が長くなりすぎるのでこれは別の機会に。

収入 

収入の事を考えてこの数年悩んできた。 いや、今も悩んでいるしこれからもずっと悩み続ける。 

僕らが収入に出した結論は、つくる喜びによって生きていこう。 いままでの、あれが欲しい、これが欲しいといった終わることのない消費しつづける生活から抜け出そう。
それが僕らの百姓になろうとおもった力の源なのだから。

とは言え、農家も忙しい。 農繁期には早朝から夜中まで働く農家の方々を見るとつくる喜びを感じている余裕なんか無いじゃないですかと。 
ワーク・ライフ・バランス。 どうやら農の世界も厳しいようです。

これが会社を辞めて農家になろうとしたときに通る質問にたいする(通称;脱サラ就農)答えにならない答え。 疑問には追々答えていきましょう。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。