ヤギ小屋完成間近

 昨日で今シーズンの野菜セット販売は終了。 大分寒さも進んで野菜が凍みてきていましたので。

 ということで裏で少しずつ進んでいたヤギ小屋プロジェクトが大詰めを迎えています。 ヤギのマキちゃんとミドリちゃん、最近毛色の黒さが目立つようになっていましたがこれで快適な小屋生活になるでしょうか?

小屋は前に鶏舎として使用していた小屋を掃除、改修しました。快適そうです。

写真はまたあとで。

ところで最近のアキはなんだかいつも笑って楽しそうに遊びます。 一緒に遊んでいるときも一人で遊んでいるときも。わが子の成長を間近にみられる、こんな当たり前のことができる社会になるといいですね。
 そんな姿をみながら、昨日ちょっとショックなこと。小学一年の男の子のお母さんが、子供が学校でいじめられているという話をしてくれました。 その子はこの5年近く毎週のように一緒に遊んでいますが気持ちのいい、元気一杯の男の子。 うちのアキもおにいちゃんのように慕っていつも着いて回るような気持ちの優しく、男っぷりのいい子です。  どうやら特定の子が暴力的でまわりも一緒になっているようです。 いじめを聞いて言葉を失いました。
 詳しい状況はわかりません。でも子供たちの事、本当に心配です。いったいどういうストレスの中で生活しているのでしょうか?

 子供たちは周囲の状況に繊細です。大人がどういった価値観で動いているのかよく見ています。 

 今、僕らは大きな変化の時代の真っ只中に生きているように思います。戦後の、あるいはその前からの経済成長路線のなかで生きてきた先人たち。 その方向性がバブルの崩壊でいったん崩れ、この10年、15年と必死にもがきながらがんばってきて、それでも何かうまく回っていかない。そんな思いの中堅会社員。さしたる希望を持つわけでもなく、かといって家族の事を考えると冒険できるわけでもなく。 閉塞感。
 
 僕はそこから外に出ることを決意しました。 でも僕が決意したのは会社を辞めることではなく、今まで持っていた価値観を崩すことだと最近はっきり感じます。 

 あなたにとって大切なことはなんですか? 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。