新年

新年があけました。 本年も良い年になりますように!

と言うことで、久しぶりの更新になってしまいました。これからはまたいつもくらいのペースでの更新を目指していきます。

 年末は引っ越しがあり、その関係で元々ブログの更新を休む予定ではいたのですが、そのころ家族が次々と熱を出して想像以上にばたばたしました。 アキの発熱から始まって愛ちゃんの十数年ぶりの発熱、そして僕も約半日の発熱といった健康状態で、前橋のアパートの片づけと倉渕の家への入居と行ったり来たりし、新居が片づかないまま元旦に千葉の義姉一家宅におじゃまして翌日帰宅と、なんだか心を落ち着ける余裕がありませんでした。

 とは言ってもみんな元気です。家の整理はまだまだだけれど、少しずつ進んでいます。

 家は二階建て。 築数十年。 一階の下手な間取り図です。
 

 玄関を入ってすぐ左の和室には掘り炬燵があります。 今もそこでこのブログを更新しています。 この炬燵は炭炬燵! 昨日までは家にあったホームセンターで売られているバーベキュー用の炭を使っていましたが煙と匂いがひどかったのですが、昨晩近くで炭焼きをしている方に電話して分けてもらいに行きました。 足がじんわりと温まり、室温は0度付近ですが寒くはありません。 手がかじかんで動かなくなるのが玉に瑕です。 

 ところで炭焼きの方とちょっと世間話をしたところ、炭焼き窯は築100年以上とのこと。 ここ倉渕は元々炭焼きが盛んな場所だったようですが、今現役なのは7件くらいではないかと。 炭は販路が難しくてね、と言っていました。 
 「今年から畑をやるんです」と言ったら、「そうかい、あんたも無農薬の何タラっていう会に入っているのかい? 近くにxxっていう夫婦が一杯畑を借りて頑張っているよ」と。 そうなんですね、この地域での有機野菜栽培販売の「草の会」はやっぱり存在感在るのです。 草の会のおかげで無農薬栽培も認められているように感じます。最初に始められた方々の苦労を考えると本当にありがたいですね。 
 実はその頑張っている夫婦と昨日の昼に初めてお会いしたばかりだったのです。 素敵なご夫婦でした。ここでも人の繋がりを感じました。

 年末年始、ばたばたしている中で、愛ちゃんと今年の方針を話し合いました。 年間を通して栽培できる標高の低い所か、思い描く農場作りが出来そうなもう少し上の方か。 
 ここの所この件でずっと悩んで来ました。 そして僕らのだした結論は上でやろうと言うこと。野菜作りの面では寒さ、栽培期間の短さは僕らの目指す自然農には難しさを加えることになるし、収入の面でもさらに多くの工夫が必要になるのだけれども、やってみようと。 
 大変なのは判っているのに、わくわくしている自分がいるのです。 先がまったく見えなくても、自分の進みたい方向が分かればいい、周りが見えていても自分の進みたい方向が見えない状態よりも。

 今年もよろしくお願いします。 あっちに行ったり、こっちに行ったりの一年になりそうです。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。