昨日は前橋でお世話になった方のお葬式。死ぬときに、どういう思いで死んでいくのか。戦争、敗戦、戦後の混乱、それからの裁判官、教師、弁護士人生。その命を生き抜いたSさんの素敵なお顔。遺影、寝顔が心から離れません。ご家族の平安をお祈りしてお別れしてきました。

 畑で見る生と死は連続して美しいと思えるのに、どうしても人の死にたいして複雑な思いを抱いてしまいます。大きな喪失感。命について考えることの多い毎日ですが、自分の思いがなかなかまとまりません。

 ゆっくり歩いていきましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。