久々の更新

ずいぶんと久しぶりの更新になってしましました・・・。
春の陽気に気持ちも充実し始め、育苗用のハウスも建ち、種もそろい、踏み込み温床ようの材料も集め終わり、後は育苗を開始するのみです。

昨日はビニールハウスの天井部分のビニールを張りました。本当は風のほとんどでない早朝に行いたかったのですが、準備が間に合わず、午後に。風もでていたので一人で張るのはあきらめて、愛ちゃんに手伝ってもらいました。愛ちゃんは三日間九州の方に出かけるので、今朝4時過ぎに家を出て行きました。と言うことで昨日やらないとアキの世話を考えると早朝畑仕事は無理なので、金曜まで待つか、風の中をやるのか悩みましたが、いつも作業が遅れがちになるので頑張って風の中張る方を選んだのでした。

ビニールハウスの建て方、ビニールの張り方はいろいろあってどういうやり方が良いのかあれこれ考えてみたのですが、最終的には師匠に教えてもらった横(側面)に展開したビニールを屋根を滑らすように張るやり方にしました。
一応、風の弱いタイミングを見計らって張り始めたのですが、被せ終わる前に風が吹いてきてあおられる、あおられる・・・。二人で風にもてあそばれながら何とか正面にパッカー(ビニールをフレームに固定するプラスティックの部品)で仮固定。そしてすかさずロープにくくりつけたマイカー線(23本)を反対側に降ろし、固定。そのころには風も弱くなっていたのでした。

それにしても師匠のトマトフレームを建てさてもらって本当に良かったと思いました。何も知らずに張ろうとしたら大変な事になっていましたよ。張るなら風の弱い早朝が良いよ、とのアドバイスが骨身に染みました・・・。

ビニールの展開の仕方、マイカー線の張り方、道具の工夫、そして何よりも始める前の下準備と張るイメージがしっかりしていると手際よく出来ることでしょう。愛ちゃんの手伝いがあって本当に良かった!と感謝。

それにしても、きれいにビニールを張るって難しいですね。地主さんにはプロをきれいに張るなと言われたのですが、シワだらけで汗・・・。

今日は扉を付けたりビニールの端末処理をしたり、踏み込み温床の枠作りの予定。3日間アキと二人の生活になるため家事も頑張ります!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。