育苗の土

以前も書いたとおり、今年の育苗土は去年の踏み込み温床の落ち葉で出来た腐葉土に籾殻薫炭を混ぜもの。今のところ非常にいいように思います。ただし、はじめの頃は振るいの目が粗いのを使用した関係で小石や小枝も混じってしまい、苗の生育にばらつきがありましたが、途中から振るいのメッシュを細かくして安定して来ました。(セルトレイの土の詰まり方が均一になったように感じる)

白菜、キャベツ、レタスの定植は終わりましたが、ちょうど良い大きさまで育苗できました。色も濃すぎず、生育も素直。根の張り方はもう少し、といったところでしょうか。まだまだ寒い朝、晩ですが畑でも素直な生育を期待しています!

直播の野菜の種まきも第一弾は終了。こちらも今まで一番順調です。やっぱり適期まきが大切なのだと・・・。こちらも今後の生育に期待です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。