稲脱穀、雛到着

先々週は鶏舎の改修、稲の脱穀、雛を受け取りに松本までドライブと盛りだくさんでした。その後、風邪まで引いてしまい、後々まで引きずってしまいました。のどの傷みが10日程残っていたのですが、それも昨日で抜けて今朝はスッキリした目覚め。遅れた作業を今週取り返して行きます!

というわけで、先々週のお話。

11/9、すずめの襲撃を受け始めた天日干し(はんで)中のお米の脱穀をなんとか雨の前に終わらせようと急遽前日に決め、脱穀機(ハーベスター)をかりにプラット農園さんまで。師匠、ぷらっと農園さんと農園たおさんの共同の脱穀機をことしも使わせてもらいました。今年もほぼ1ヶ月の乾燥。霜にも当たっていい感じです。

今年は株間40cm*25cmの一本植えと広めに取ってみたのですが、(去年は30*25の2-3本植え)多少収量は減りました。分ケツは20-25位でそれほど去年とほぼ同じくらいですが、稲の広がりは綺麗でした。でも来年はやっぱり30cmに戻そうかなと思っています。もみすりしないとわかりませんが(といっても面積も正確に測ったことはないのでどちらにしてもわからないのですが・・・。)4-5畝の田んぼで収量は3俵(180kg)位でしょうか。3人家族には十分な量です。感謝!

脱穀前
1-DSC_0007.jpg
脱穀中
脱穀

1-DSC_0009.jpg

その翌日、真っ暗な中、アキと二人で長野県の松本(の近く)までお願いしてあった雛(中雛)を受け取りに。
今回はメス60とオス羽の計65羽。初めての入雛です。鶏種は岡崎横斑という横斑プリモスロックの系統。卵肉兼用種でもみじ(今飼っている鶏種)よりは多少大柄です。

途中の道の駅で。小学生以下無料で閲覧できる塩尻市立自然博物館があり、アキは一人で見学に。クイズに答えて絵葉書をもらっていました。
1-DSC_0013.jpg

どこへ連れて行くんだ???
1-DSC_0015.jpg

和田峠の途中で一休み。

1-DSC_0018.jpg

鶏舎に無事着いてかごの外に出たとたん、いきなりみんなで砂浴び開始。うれしそうでした。
2-DSC_0027.jpg

そんなこんなの1週間。今週はまだいろいろある畑仕事を片付けつつ、地面が凍る前に鶏舎を立てる準備を進めなくては・・・。冬が来る前までにやること沢山。幸せですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。