鶏舎建築

木曜日に最後の野菜ボックスの配達を終え(愛ちゃんが、ですが・・・)、いよいよ鶏舎の建設に集中です。

昨日までに何とか桁を載せ、両端の垂木の仮止めし、地中に埋めるトタンの溝堀、トタンの埋め込み。
愛ちゃんと二人で何とか半分終了。残るは半分。地面も凍り始めているので凍っているところは鉄棒で砕きながら。
1-DSC_0025.jpg
水盛り管で水平を取ったつもりなのですが、移動したときにどうもずれてしまったよう。奥側が下がり気味。
3-DSC_0027.jpg

小屋を作っていて、開拓の時代の人々の技術、体力のすごさを痛感します。畑を開拓しつつ、家を建て、道を作り、水路を整備し、管理する。少ない道具を工夫しながら技術で補う。人は制約条件が大きいほうが創造性を発揮したのでしょう。1000年以上前の建物を今見ると芸術ですが、この小屋は芸術にはなりそうにもありません。カスガイや番線、コーススレッドビスとインパクトドライバーで固定しても・・・。

さあ、今日もがんばろ!倉渕は雪が積もっています。薪ストーブと炭コタツ、最高です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。