鶏舎建設

鶏舎を建て始めています。折角なので毎日アップしようと思いつつ、夜は会えなくダウンしてしまいます。

鶏舎建設予定地。浅間砂が表面に多い黒ボクの畑。コンニャク、大豆などを作ってきました。いつでも畑に戻せるように出来るだけ余計なものは持ち込まないように、壊すときは持ち出し安いようにしましょう。
01-DSC_0020.jpg

水とホースを使って遣り方。すぎな師匠と一緒に石釜小屋を作った経験が生きます。
02-DSC_0026.jpg

鶏舎のサイズは2間x15間。(3.6x27M) ここに2群+雛1群が入る予定です。

地面が凍る前に・・・。ここ掘れワンワン、というと起こられそうですが、穴掘りの好きな息子です。深さ60cmまで掘ります。良い黒ボクの土が出てくるとなんだかもったいなく感じてしまいます。
03-DSC_0033.jpg

穴掘りも完了し、いよいよ丸太加工。この杉の間伐材は先輩農家のヤマギワさんよりの頂き物。長いことハウスの中で保存されていたので乾燥もばっちり。虫食いのものは薪ストーブの燃料に!まずは長さに切ってから皮むき。
05-DSC_0002.jpg

この皮むきもヤマギワさんからすぎな師匠が借りているもの。手で簡単に剥けるものもありますが向けないものはこれで。
06-DSC_0003.jpg

桁を載せる部分の加工。イスカ加工と言うそう。大内正伸さんという方の書かれた本(山で暮らす愉しみと基本の技術)を参考に。大内さんは群馬に住んでいたようなのですが、事故後移住されたとか。会ってみたい方ですね。
切れ目をノコで入れて。
07-DSC_0005.jpg
ノミで割る
08-DSC_0006.jpg
反対側も同様に。
09-DSC_0007.jpg

加工も終わり、昨日からは丸太を立て始めました。地面も凍り始めてかなりあせりが出てきましたが・・・。37本立てて、桁を載せ、なんとか来週の前半まに獣よけのトタンを地面に埋め込まなくては。がんばりましょう。
11-DSC_0017.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。