家族共同作業

昨日は鶏の餌用の小麦を引き取りにアキと一緒に茨城県大子町まで行ってきました。

自然養鶏とミツバチをかわれているMさんに分けていただきました。小麦の積み込みの後、しばし雑談。
鶏の自家繁殖のこと、餌のこと、ミツバチのこと、どれも面白く、参考になることが多くありました。Mさん、ありがとうございました。それにしても自然養鶏をやっている人はどの人も面白い人ばかりです。

倉渕まで戻ってきて一旦家によって愛ちゃんを拾い、暗くなる中3人で小麦を倉庫に搬入。アキはトラックの上に詰まれた25KG入りの小麦袋を降ろし、僕が運んで愛子が積み直す共同作業となりました。レンタカーを返す時間が迫る中、80袋(合計2トン)の小麦を走りながら運び、無事運び時間丁度にトラックも返すことができました。

アキは自分の体重と同じ大きさの小麦袋を一所懸命下ろしてくれて本当に助かりました。一年生、頑張ります。二人ともありがとう!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。