スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災者の受け入れ

被災地では行方不明者も困難な状況で、原発が多くの方々の懸命な努力で最後の一線を守られていること、本当に感謝です。原発に対する思いは色々あれど、今は頑張っている彼らの安全に、健康に、働きに最大限の祈りを捧げます。ご家族も不安のまっただ中でしょう。出来るだけ早く平安の時が訪れますように。

そんな中、僕らが出来ることを考え、実行していますが、是非我が家でも被災した方で避難してきたいという家族がいれば受け入れようと愛ちゃんと相談して決めました。そんな思いを持って役所やNPOでそういった個人家庭の募集があるのかを調べていたら、群馬でもそんな動きを始めようとしている人がいました。今日連絡してみます。

我が家は夫婦二人、5才の息子と猫2匹、犬一匹。空き部屋は二階の六畳間二部屋。古い家(築数十年?)です。
小さい子供連れ、ペット連れ可です。場所は群馬県高崎市倉渕町。娯楽は山、川。
何にもない素敵なところです。

一昨日から畑の開墾で出た木の炭焼きを始めました。と言っても最初の木を入れて火を付けるところを一緒にやったくらいで後は炭焼きのお爺さんが面倒を見てくれています。ガソリンもなく、畑に行く前の朝と家に帰る夜に窯を見るだけです。

野菜の育苗は今のところ順調です。トマトは大分発芽がそろい、ナスも昨日発芽した種がありました。畑の種蒔きも始まりです。命が動き始める春に向かう中で、多くの命が失われる。悲しみ、怒り、喜び。どんな時も希望をもって今日を生きていこう。
辛い状況の皆さんに神様の豊かな祝福と癒しが届きますように祈りながら。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。