スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎おうはん移動完了

岡崎おうはんの雛(といっても既に卵を産み始めていましたが・・・)を日曜日の夜新しい鶏舎に移動しました。

アキと二人、暗くなってからえさ箱や水入れを移動し、真っ暗になったころ籠に鶏を入れて軽トラックで移動。移動距離は1km程。今までもみじと一緒に入っていた鶏舎は大分天井までの距離が低くなっており、腰に厳しい作業でしたが、腰をかがめる部分はアキと二人で籠を持つようにして何とかクリア。凍った地面の上、足が痛そうでしたが本当によく頑張ってくれました。(最後はかなりつらそうでしたが・・・)

その日の晩は籠の蓋をあけ、水とえさをあげて家に帰り暖かいお風呂で温まって熟睡。というかこの日に限らず熟睡しない日はないのですがね。

ともあれ現在の鶏たちの様子です。

移動前の静かな鶏舎。新築の香りが・・・。しません。

1-DSC_0027.jpg

産卵箱は笹村さんの本にならってコロコロ式。この後愛ちゃんが入り口に暖簾を付けました。
2-DSC_0025.jpg

あっという間に新居にも慣れたようです。
3-DSC_0035.jpg

一日鶏たちの様子を見ながら、
5-DSC_0029.jpg

今日移動するもみじの産卵箱を製作。産卵箱一号の反省を踏まえてもう少し改良。良い出来です。問題は鶏が気に入ってくれるかどうか・・・。
4-DSC_0030.jpg

鶏と一日中、一緒に過ごしたのは始めて。カラスの鳴き声に怯えたり、トンビ(?)の姿を見ると一斉に隅っこに移動したり。そろそろ始まる序列争いの様子を眺めたり。知らないことばかりですね。

今日はもみじの鶏舎の準備と餌場の整備。金曜日には生まれたての雛がやってくるのでその準備と息つく暇もありません。

びっちりと予定が入ったほうがやれることは多くなって良いのですが、農閑期ののんびり感が・・・。今年はもう無理ですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。