スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理のない、と言うこと

 昨日は退職後の年金や健康保険等の切り替えのために一日費やしました。
健康保険が思ったよりも高いですね。 病気しないように元気で頑張っていきたいと思います。

 今日は稲刈りの予定です。 今日2枚の田んぼを刈り、あさってのオープンファームの時に一枚を刈る予定のようです。 ところでオープンファーム、先月参加したのですが農園主夫妻の人柄なのか、集まる人も無理のない素敵な方々でした。 
 「無理のない」、最近の僕のテーマです。 無理のないと言うとどういうイメージでしょうか? 僕は頑張るのが好きなので頑張ってついついいつも欲張る傾向があります。 欲張ると、当初の思いからもうちょっとこっちへ、あっちへと迷走し始めます。 そうすると迷いが出てくるのです。 
 色々な方から、こういう農業が将来有望だよ、こうすれば月何十万、何百万農業でも稼げるよ、こうしないとやっていけないよ、これは良い、あれはだめだよと言われてきました。 これからも続くでしょう。  皆さん、僕ら一家のことを思って色々とアドバイスして頂いているのがよく分かるので、それは本当に感謝です。 そしてその中にはその通りだなと思わされることも沢山あります。 

 皆さんの思いや経験からくる意見を大切に、そしてそれを僕の思いに結びつけていくためには、よく観察し、必要な物事を見極める力を身につけること。 そして目指す方向を決めたならそれ以上を欲張らないこと。 もちろん絶えず変化する状況に応じて修正していくは必要ですね。 

まあ、こうやって書くと当たり前の事ばかりですね。 だけど、今の自分にはどれも不足しています。
サラリーマンの時にはある程度ルーズであってもほころびは出にくいのですが、農家として生計を立てていくためには、そういった生きていくための力を身につけることがとても重要になってくると思います。 

無理なく生きていくには、やっぱり少しは頑張る必要がありそうです。


 離さないわよ!
ある日の自然農の畑。草をくわえて育つピーマン。 「もう決して離さないわよ!」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。