スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪、そして・・・。

一昨日からの大雪、本当にすごかったですね。

朝起きて玄関の戸を開けると・・・。鶏達とハウス、そしてとても古い新居が心配です。

まずは軽トラの周り、家の前の道までの雪かきをすること3時間。まだ道に除雪が入る気配なし。

友人のパン屋さん(パン工房湧然)がパンを焼いたと聞いてアキと二人でお店まで。途中腰までのラッセルがあるも、基本的には近所の消防団仲間がトラクターで付けてくれたふみ跡をたどっていきました。

国道は除雪が入っているようだったので行けるところまで軽トラで向かい、その後は鶏舎まで歩いていくことに。車を友人宅に置いて歩き始めて畑に向かう道に向かったのですが、その道を見てしばしたたずむ。ふみ跡くらいはあるだろうと思っていたのですが、そこに広がるのは手付かずの新雪・・・。時間午後4時。これは鶏舎までたどり着かないと観念するも、何とか途中のスギナ農園までは行くことに。

 小鳥の声を聞きながらのラッセルは(下は舗装道路ですが)は冬山に分け入る気分。潰れた(らしい)育苗ハウスのこと、えさも水もない鶏達のこと、入居予定の家が無事建っているのか。

そんな大雪の一日でしたが、学生時代一緒に山を登ったザキ先輩が闘病の後、大雪の中なくなりました。高校の先輩でもあったザキさんにはテレマークを教えてもらいました。力強くすべるかっこよい姿、よく覚えています。ぼくは覚えの悪い生徒でしたが・・・。僕のあだ名(ばか伊藤)を付けたのはザキさんだったような。

この大雪、スキーの大好きだったザキさんからの贈り物かもしれません。どうぞ安らかにお休みください。そしてご家族の上に豊かな慰めがありますように。
 
 今日もがんばります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。