スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今自分のもっている切り口

昨日は一日雨。 午前中はいつものように野菜の収穫・鶏の餌・水やり、採卵とセット野菜づくり。
その後鶏舎の清掃をして午前中は終了。 
 そこで園主から、午後は不耕起栽培を26年実践しておられるご友人農家に連絡をしたのでその方のお宅を訪問しようと言う話になりました。

 無農薬、無施肥のリンゴと柿を頂きながら2時間ほど色々なお話を聞かせて頂きました。 まだ十分に理解出来ていない所もあるのでこれから実践の中でもう一度反芻していきたいと思います。

 ひとつ、大切な話をしてもらいました。 それは切り口、と言うこと。 
 野菜・果樹・お米等々、全て深く理解する必要はなく、一つの切り口をみて理解することが大切だと言うこと。 そして、その切り口は今の僕と、来年の僕とでは変わっていると言うこと。

今の僕の切り口はどういった形なのか? 

自然栽培を行おうと思ったその思いがまずは始まりになるのではないかと。

柔和な表情のなかに、とてもしなやかな強さを感じました。 奥様の笑顔、本当に素敵でした。 おそらく僕には想像出来ない大変さがあったのでしょうが、信じ、乗り越えてきたお二人の姿を見ました。 

 農園主夫妻といい、ご友人夫妻といい、大きな出会いの中で僕はまた一つ農の指針を頂きました。

 今日も感謝をもって新たな一日を歩めそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。