スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑準備の進み具合

 昨日我が家の畑の草刈りが終了しました。
しの竹が張り出してきているところが多く、思ったよりも時間がかかってしまいましたが、これで周囲に電柵を回せます。 それにしても、しの竹の生え際にイノシシが掘り起こした後の多いこと。際からは少し離して電柵を張る必要がありそうです。

 昨日、一昨日とすぎな農園の苗の種蒔きをさせてもらいました。 去年の育苗はうまくいった物と行かなかった物がいろいろあるのですが、こんな所に原因があったのかなと思わされることが何点か。

 1.種を蒔く前、土をかけた後の鎮圧具合が強すぎたり、弱すぎたりしていたのかも。→ 発芽の不均一
 2.育苗時のハウスの温度が高すぎたのかも。 → 苗の徒長
 3.育苗にだけは育苗土を購入していたのですが、肥効が強すぎたのかも。 → 苗の徒長、根の張りの弱さ

特に3に関しては去年も気にしていたのですが、今年は園主のスペシャルブレンドなので楽しみです。

 苗半作といいますが、ある畑に良い苗が違う畑で良いとは限らないように感じています。だから有機農業や自然栽培をされている農家の苗作りはそれぞれ考え方も違うのかなと。

 自分の畑の状況(自然農1年目)を考えるとな地力がかなり弱いことを想定して、根バリのよいしっかりとした苗になると良いなと思っています。 外見よりも中(下)身。人間もそうありたい物ですね。

 来週は畑ではジャガイモや春野菜の種蒔き、育苗、そしてコミュニティービジネスに関する発表会と盛りだくさん。 一つ踏ん張りどきですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。