いよいよ鶏舎作りも大詰め

長かった鶏舎の建設もいよいよ大詰め。外回りは完成し、昨日は産卵箱の作成。昼過ぎには近所の友人のパン屋さんが手伝いに来てくれて間仕切りのネット張りをやってもらいました。

先週の土曜日には教会の若者2人(Mくん、Tくん)も手伝いに来てくれて雨樋の設置、鶏舎の土取りをしてくれました。寒い中での作業でしたが本当に助かりました。

果てしないと思った建築作業ももう少し。卵を産み始めている雛も移動できそうです。 ありがとう。

2月

年が明けてもう2月に入っているというのにブログも更新せず・・・。

今年もどうぞよろしくお願いします。

鶏舎建設、まだまだ続いています。

長く続いた100枚近くのトタン張りも、
4-DSC_0084.jpg

ようやく終わり、一気に金網、合板も張り。
1-DSC_0077.jpg

2-DSC_0075.jpg

隙間を閉じて、ドアの取り付け、間仕切りを付け、産卵箱、止まり木を作れば鶏達を移してこれそうです。

3-DSC_0069.jpg

もうひとがんばり。


鶏舎建築

木曜日に最後の野菜ボックスの配達を終え(愛ちゃんが、ですが・・・)、いよいよ鶏舎の建設に集中です。

昨日までに何とか桁を載せ、両端の垂木の仮止めし、地中に埋めるトタンの溝堀、トタンの埋め込み。
愛ちゃんと二人で何とか半分終了。残るは半分。地面も凍り始めているので凍っているところは鉄棒で砕きながら。
1-DSC_0025.jpg
水盛り管で水平を取ったつもりなのですが、移動したときにどうもずれてしまったよう。奥側が下がり気味。
3-DSC_0027.jpg

小屋を作っていて、開拓の時代の人々の技術、体力のすごさを痛感します。畑を開拓しつつ、家を建て、道を作り、水路を整備し、管理する。少ない道具を工夫しながら技術で補う。人は制約条件が大きいほうが創造性を発揮したのでしょう。1000年以上前の建物を今見ると芸術ですが、この小屋は芸術にはなりそうにもありません。カスガイや番線、コーススレッドビスとインパクトドライバーで固定しても・・・。

さあ、今日もがんばろ!倉渕は雪が積もっています。薪ストーブと炭コタツ、最高です。

鶏舎建設

鶏舎を建て始めています。折角なので毎日アップしようと思いつつ、夜は会えなくダウンしてしまいます。

鶏舎建設予定地。浅間砂が表面に多い黒ボクの畑。コンニャク、大豆などを作ってきました。いつでも畑に戻せるように出来るだけ余計なものは持ち込まないように、壊すときは持ち出し安いようにしましょう。
01-DSC_0020.jpg

水とホースを使って遣り方。すぎな師匠と一緒に石釜小屋を作った経験が生きます。
02-DSC_0026.jpg

鶏舎のサイズは2間x15間。(3.6x27M) ここに2群+雛1群が入る予定です。

地面が凍る前に・・・。ここ掘れワンワン、というと起こられそうですが、穴掘りの好きな息子です。深さ60cmまで掘ります。良い黒ボクの土が出てくるとなんだかもったいなく感じてしまいます。
03-DSC_0033.jpg

穴掘りも完了し、いよいよ丸太加工。この杉の間伐材は先輩農家のヤマギワさんよりの頂き物。長いことハウスの中で保存されていたので乾燥もばっちり。虫食いのものは薪ストーブの燃料に!まずは長さに切ってから皮むき。
05-DSC_0002.jpg

この皮むきもヤマギワさんからすぎな師匠が借りているもの。手で簡単に剥けるものもありますが向けないものはこれで。
06-DSC_0003.jpg

桁を載せる部分の加工。イスカ加工と言うそう。大内正伸さんという方の書かれた本(山で暮らす愉しみと基本の技術)を参考に。大内さんは群馬に住んでいたようなのですが、事故後移住されたとか。会ってみたい方ですね。
切れ目をノコで入れて。
07-DSC_0005.jpg
ノミで割る
08-DSC_0006.jpg
反対側も同様に。
09-DSC_0007.jpg

加工も終わり、昨日からは丸太を立て始めました。地面も凍り始めてかなりあせりが出てきましたが・・・。37本立てて、桁を載せ、なんとか来週の前半まに獣よけのトタンを地面に埋め込まなくては。がんばりましょう。
11-DSC_0017.jpg

平飼い鶏の卵の色

数週間前から餌に農園ででる野菜の残りを混ぜています。鶏たちは葉物が大好きです。野菜をあげると一斉に集まってきて平らげて行きます。そのおかげで、最近の卵は黄色味が増えています。今までのかなり白っぽい黄身に慣れていると逆にびっくりするかもしれませんが、トウモロコシをあげたり、あるいは着色剤を与えているわけではありませんのでご心配なく!味は食べている限り変わりは無いと感じていますが如何でしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。